取り組み

取り組み

緊急事態宣言発出に伴う当法人の対応について
2021/04/27
この度3度目の緊急事態宣言が発出されましたが、当法人といたしましては次の通り、対応しています。
 
1.提供するサービスについて
感染予防に努めながらすべてのサービスを継続いたします。但し、発熱等の症状がある場合は、利用をご遠慮していただくこともございますのでご理解下さい。
 
2.ご利用者への面会について
 緊急やむを得ない場合を除き、ご利用者への面会は「オンライン」もしくは、「特設コーナー」での面会を継続させていただきます。面会のご予約やご質問等については、各施設の担当者へご連絡下さい。
 
3.職員の健康管理等について
 ① 就業前の検温を継続して行い、職員の健康状態を把握しています。
 ② 就業中は全職種マスクを着用、手洗い、消毒を徹底しています。
 ③ 一部職種については、在宅勤務、時差出勤を行っています。皆さまにご迷惑をおかけしないよう徹底してまいります。
 
スタッフ・エピソード
2021/04/21
法人の理念に掲げられている価値観を職員全員が共有し、自発的に行動できていることが重要ですと前回お伝えさせいだきました。
私たち法人では「各サービスの業務内容を理解する」「職員同士をたたえ、認めあう」ことを目的に「ありがとうナイスシート」という仕組みを導入しています。私たちは高齢者福祉サービスを業としていますので、そのサービスは、すべて人の手によって提供されています。私たちが提供したサービスに対して「感謝のことばや手紙」をいただくこともあります。また、利用者やご家族への対応が際立っていたと他の職員が感じた場合等「ありがとうナイスシート」を発行し、毎月施設長が集まる会議(現在はオンラインで開催)で報告していただきます。このような事例を通じて、法人が大切にしている価値観を職員間で共有しています。当法人のサイト「採用情報」「エピソード」にその一部を掲載していまので、お時間のある時にぜひご覧ください。
 
 
IMG_8249.jpg
正吉福祉会の理念について
2021/04/17
policy.jpg
 
組織は共通の目的に沿って運営されており、一般的には、それを「理念」や「使命」として掲げています。そして、創業時の思い等が込められている場合もあります。
当法人では、わたくしたちの考えと目指すもの「わたくしたちの願い」を理念として掲げています。
理念は「正吉福祉会のあるべき状態」であり、組織が目指すべき方向性を示しています。また、私たちが仕事をする上での拠り所でもあります。正吉福祉会として地域社会に対して、利用者やご家族に対して「こうあるべき」「こうありたい」という「正吉福祉会のあるべき状態」を職員が理解して、行動することが大切だと考えています。当法人では職員が理念にもとづいた行動ができるよう、日頃よりさまざまな研修等を通じて自己研鑽を重ね、今日もそれぞれの部門において、理念実現に向けた活動に取り組んでいます。
 
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11