トップページ施設一覧 > 世田谷区立きたざわ苑

HCR(国際福祉機器展)での発表

出会えた全ての人が笑顔と元気になれる施設を目指し、職員全員で明るく楽しい元気な職場を目指してます。

HCR(国際福祉機器展)での発表

2019/10/07

010925-3.jpg

今年の、国際福祉機器展において、福祉用具の開発についての話をしてもらいたいとのご要請を受け、「福祉施設の実践事例発表」として、特養・短期入所施設チームマネージャー兼生活相談員の西山啓一(右側)より、きたざわ苑で作成した「トイレでふんばる君@」の発想の経緯と現在作成をしていただいている(株)ピラニア・ツールさんとの出会いや使用状況について説明が行われ、リハビリチームマネージャー 山本亮輔(左側)からふんばる君を実際使用することのケアプランと多職種協働による排泄ケアと成果について発表した。

010925-2.jpg

演題は「理想の排泄ケアを実現する用具開発」~開発用具を使用した事例紹介~

発表に際して、西山生活相談員は、当初現場のユニットリーダーとして職員を牽引していましたので、その思いが発表の随所にちりばめられ、思いの深さを感じる発表となりました。また、山本機能訓練指導員は、福祉用具をしようするだけではなく、多職種が共同してケアすることで、目的が達成できるという事を実践を通じて話されてい共感を得ていました。

(会場での撮影については、特別の許可を頂き撮影をさせていただきました)