トップページ施設一覧 > 世田谷区立きたざわ苑

ヘルパーの「聴く・わかる・思いやる・守る」

出会えた全ての人が笑顔と元気になれる施設を目指し、職員全員で明るく楽しい元気な職場を目指してます。

ヘルパーの「聴く・わかる・思いやる・守る」

2018/04/24

 

 

22.png

 

 新年度もスタートし、桜の季節から新緑の季節となってきました。

4月からスタートした共生型居宅介護(障害サービス)を実施して、感じたこと・・・。

 きたざわ苑では4つの行動指針があります。

1、「聴く」・・・相手の身になり、積極的に耳を傾ける。

2、「わかる」・・・充分に「聴いた」上で、相手を理解しようとする。

3、「思いやる」・・・相手を理解することにより、尊重した行動をする。

4、「守る」・・・時間・約束(基本の手順)を守り、信頼を得る。

まさしく、この4つの行動指針の大切さを実感してます。

 

大事なことを、利用者様から学ばせてもらってます・・・。