トップページ施設一覧 > きたざわ苑

開催

出会えた全ての人が笑顔と元気になれる施設を目指し、職員全員で明るく楽しい元気な職場を目指してます。

開催

2020/07/06

今年度に入り、新型コロナウイルス感染症や大規模修繕の影響で施設内のすべての行事、

会議などを中止してきました。

特に職員が参集する会議場所は三蜜を防いで行う場所がなかったため、延期にしていました。

7月に入り、ご家族面会も軌道に乗り、やっと会計の月次報告も法人事務センターから届いたので、

会議場所を検討し、今年度に入り初めての運営・経営会議を開催することにしました。

場所は1階の事務室横の通路です。外へ続く扉を開放して、市販の網カーテンを設置しました。

苑内の冷房を入れていますが、不思議と窓を開けていても冷気が逃げす、換気ができることに感激しました。

200703-3.jpg200703-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンの前には空気清浄機と小型扇風機を設置して足元に風を流して、外に流れるようにしました。

職員は、スクリーンに向かって座ります。

200703-1.jpg

 

今回の会議では、新型コロナウイルスでの経営上の問題、今後の対応でどのように回復するかを部門責任者が

稼働状況から新型コロナウイルスによる影響か他の影響によるものかを分析し、その対応策と、

今年度に入り介護加算が実施できていない状況をどのように改善すべきかを責任者が検討し報告するともに、

全員で協議を行いました。

4月の段階で新型コロナウイルスで影響を受けた事業は、通所介護事業です。

5月以降の実績から評価すると、通所介護もご利用者が自主的にお休みされていた方も徐々に復帰されてきています。

通所事業の課題は、今年度大規模修繕で上用賀に一時移転しているため、新規のご利用者の募集が難しいことです。

その他居宅介護事業所も、ご利用のご相談や、訪問介護事業もご利用のご依頼をいただくほか、訪問看護事業も

4月は訪問回数を制限し感染予防に徹しながら事業継続を行うなど、訪問系事業については、感染予防を徹底して対応をしたことが

ご理解いただけて5月以降の稼働に結びついていけると分析されました。

残念なことに地域支援事業については、事業そのものが中止となり、配置職員の人件費で赤字となったため、

7月からの再開状況を見据えながら、どのように解消していくか次回までに担当者で協議して提案をすることとなりました。

 

大規模修繕については、当初、新型コロナウイルスの影響で工期が伸びるかもしれないと懸念されましたが、

現在まで順調に修繕工事が進んでいます。工事関係者の皆さんも安全に配慮していただいています。ありがとうございます。