トップページ施設一覧 > こまえ正吉苑

ごあいさつ

職員一人ひとりが皆さまの安心した生活をお手伝いさせていただきます。

施設長からのごあいさつ

こまえ正吉苑 施設長 毛尾ゆかり

 狛江市の野川のせせらぎ近くに、こまえ正吉苑は平成14年に開設いたしました。特別養護老人ホームを中心に、複数の在宅サービスが連携し「トータルサービス」の実践し、「安心な暮らし」を支えたいと以下の取り組みを進めています。①自立支援の視点を持ち個別性のあるケアの提供②人財育成のための教育の充実、③地域の皆様のご協力を得ながら、安心して生活できる地域の基盤作りの3点です。今後も住み慣れた地域の中で、自分らしい生活が送れるように地域福祉の拠点を目指し職員一同努めてまいります。

 

スタッフ紹介

特養・短期入所チーム 柏平 栄

特別養護老人ホーム『こまえ正吉苑』は、特養とショートステイ合わせて60名の方がご入居されている施設です。
 生活における身体的な介護だけではなく、家族のような温かい和を感じていただけるような心と心のお付き合いを大切に心がけています。
 ここに正吉苑があって良かった、この人たちがいて良かったと思っていただけるような存在となり得るよう、日々、努力してまいります。

地域包括支援センター  大井 剛

地域包括支援センターは狛江市民の皆様がいつまでも住み慣れた地域で安心して暮らせるようにあらゆる相談に対応する総合的な相談窓口です。
介護や健康に関することはもちろん、悪質商法や振り込め詐欺、後見制度、虐待についての相談(権利擁護)や「近所に心配な方がいるがどうしたらよいか」等の相談(見守り活動の支援)も行っています。
また常日頃から民生委員や自治会の方々、福祉関係者、医療機関等と顔の見える関係を築き、地域での支え合いの基盤となるネットワークづくりを中心的に担っていきます。
狛江市民の皆様に「あってよかった地域包括」と言っていただけるように今後とも研鑽を積んでまいります。どうぞお気軽にご相談ください。

居宅介護支援センター 小林三枝

こまえ正吉苑居宅介護支援センターでは、地域で暮らす皆様が自分らしく自立した生活が送ることができるよう、また支えているご家族にも寄り添いながら介護を続けていくうえでの困りごとや心配なことにも一緒に考えています。5名のケアマネジャーが研鑽を積み、より専門的な視点から情報提供や提案させていただきます。他の事業所とも協働しながら地域の拠点として皆様から信頼される事業所を目指しています。

通所介護チーム 水澤祥子

ご自宅で安心して生活が継続でき、できることが増えるように多職種と連携しながら支援をいたします。ご利用者、ご家族が安心して利用していただけるよう職員一同笑顔を大切に努めてまいります。

訪問介護チーム 山田健介

皆様が「住み慣れた地域で安心して在宅で生活を送れる」ように私たちは必要な部分をお手伝いさせていただきます。安心して在宅生活を送る為には何が必要か?それを一番近くで一緒に考え、お手伝いしていくのが私たちの役割です。皆様がこまえ正吉苑のヘルパーが来てくれるから安心して生活を送っていけると思っていただけるように職員全員で努力していきたいと思います。

訪問看護チーム 渡部智子

訪問看護チームはお宅に訪問し、地域で生活をされている介護予防、在宅療養生活をされている方々の、健康・服薬管理、病状の看護ケア、介護相談など、ご利用者様に合った看護を行っています。 施設内の他職種との連携、地域内外の他事業所との顔の見える連携を図り、住みなれたご自宅で安心とその人らしい生活を支援するために看護師一同笑顔で努めていきます。

リハビリチーム 三浦啓一

リハビリチームでは利用者皆様のやりたい事や希望が叶えられるように、病気や障害による身体機能の低下・普段の生活や社会参加が行えない事に対して、他のチームや社会サービスと協働して、その回復、改善を図ります。そして「QOL :Quality of Life 生活の質」の向上を目標として力を注いでまいります。