スタッフエピソード

 

「仕事を辞めなくてよかった」居宅介護支援事業

認知症のご利用者様をご自宅で介護するために、ご家族がお仕事を辞めようとされていました。つきっきりの介護を覚悟しなければならないと思われていたようです。会話を進めていくなかで、本当はお仕事を続けたいことがわかりました。そこで、介護には、お互いの生活を大切にすることがとても大切であることをお話しさせていただきました。以来、ショートステイなどのサービスをご利用いただくようになりました。

「今の仕事が自分にとてもあっているんです。あのとき辞めなくて本当によかった」。そのご家族の方が、先日ふともらしてくれた言葉です。ご相談いただくことで改善できること、たくさんあります。