スタッフエピソード

 

「夫にそっと触れることで不安や苦痛を和げてあげられた」訪問看護

癌末期のご主人様を最期まで在宅で介護し、看取った奥様に「自宅で介護する自信はなかったけれど、看護師さんに相談できたおかげで、安心して自宅で看取ることができました」とのお言葉をいただきました。

 

「タクティールケアも教えてもらい、夫にそっと触れることで不安や苦痛を和らげてあげる手だてができたことにも、本当に感謝しています。介護保険の希望への対応も迅速にしていただき、こまえ正吉苑があって良かったと本当に助かりました。

こまえ正吉苑が開設される前に、一市民として特養設立の活動をしましたが、当時は自分たちがお世話になるとは思いもしませんでした。これからも自宅で介護が必要な方々のために、活躍してください」。

 

ご家族の大変な日常に関わらせていただく仕事ですが、こう言っていただけることは何よりもの励みになります。