安心・安全な暮らしの実現

私達、まちだ正吉苑の目標は、介護が必要な状態になったとしてもご利用者自身が「暮らしたいと思う場所」で生活を継続することです。その為に私達が行うケアは、法人内で既に実践されている、おむつを外す、再び歩けるようになる等のご利用者自身が元気になる「自立支援介護」です。そして、施設サービス、在宅サービスが協働し一体となった体制でこのような支援を行っていく所存です。
私達は、ご利用者が暮らしたいと思う場所で生活が続けられることこそが、介護が必要となったご利用者の方々にとっての”自己実現”であると考えます。
フレッシュな気持ちで、地域の皆様に少しでも貢献できるよう尽力し、地域の皆様に愛され、親しまれる施設となれるよう、一生懸命努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
竹内孝仁教授(国際医療福祉大学大学院教授/日本自立支援介護・パワーリハ学会会長)の「自立支援介護理論」に基づいた「水分・食事・運動・排泄」の基本ケアを実践しています。